カテゴリー別アーカイブ: ファクトリー紹介

ストライプ柄は悪魔の模様?

今では定番柄としてあらゆるところに使われているストライプ柄ですが、中世ヨーロッパでは縞模様は”悪魔の模様”として避けられていたようで、そのような理由から”ジョーカー”や”道化師のピエロ”などの衣装は縞模様が多かったようです。

その後、近世に入ると特定の色の縞模様が人物や家柄等を示すものとして用いられていき紋章の柄の一部となり、国旗の柄にも使われたなど今では一般的な柄となりました。
そんなストライプ柄の代表格に「ロンドンストライプ」という柄があります。 続きを読む


英国製であるということ

TIE&SCARF LOGO前回に引き続き、クラブスカーフの主力商品である”スクールスカーフ”と”フットボールスカーフ”を取り扱うタイ&スカーフ社についてご紹介いたします。

タイ&スカーフ社は創業1850年、産業革命後の英国マンチェスターにファクトリーを構えました。

続きを読む